柿渋エキス配合おすすめサプリ
pixta_19977686_M

加齢臭の原因

女性にもある加齢臭

すれ違ったときに良い香りがする人ってとてもステキですよね。女性だったら、いつまでも保ち続けたいと思うものです。

自分はまだ加齢臭とは無縁と思っていたのに、ある日自分が発しているニオイに気づいて大ショック!なんて方も少なからずいるはずです。

憧れられる女性でいるためにも、相手を不快にさせるニオイには要注意です。

不快に思う臭いは、2種類になります。

1つは体臭で、もう1つが加齢臭になります。

加齢臭は体臭の中に含まれますが、ニオイの原因が違ってきます。

体臭は、年齢に関係なく発生するのに対して、加齢臭は加齢とともに発生してきます。

加齢臭は別名オヤジ臭と言われ、中高年の男性というイメージがあると思いますが、そんなことないんですよ!

女性も年齢を重ねることで加齢臭のニオイが出てくるようになります。

加齢臭のニオイの原因

加齢臭の原因は、男性も女性もどちらとも皮脂から分泌される「ノネナール」という物質となります。

これは皮脂腺の中にある「過酸化脂質」と脂肪酸「パルミトオレイン酸」が反応することによってできる物質です。

パルミトオレイン酸は中高年特有の物質となり、若い頃には分泌されないので加齢とともにニオイが強くなり、「加齢臭」と呼ばれるようになったのです。

加齢臭は皮脂が酸に反応して発生するニオイとなるため、脂が酸化したニオイがします。

汗の臭いとはちょっと違い、チーズ・古くなった化粧品・古本・ロウソク・脂のニオイなど今まで嗅いだことがないようなニオイになるようです。

原因が皮脂なので、皮脂腺の多い頭・耳の裏・うなじ・ワキ・背中などから強いニオイが出てきます。

自分のニオイは自分では気づきにくいですが、30代後半頃から女性ホルモンが減少することで加齢臭が出てきます。

女性ホルモンは普段、皮脂の分泌を抑制する働きを持っています。

その女性ホルモンが年齢を重ねることで皮脂が分泌されることで過酸化脂質やパルミトオレイン酸も多く分泌されるようになってきます。

男性は60代あたりから、男性ホルモンが減少することで皮脂が減っていきます。

女性は逆に閉経を迎えて女性ホルモンが減少することで皮脂腺を抑えが効かなくなるので加齢臭が出やすくニオイもさらに強くなってくるのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓