柿渋エキス配合おすすめサプリ
pixta_1789546_M

加齢臭対策

加齢臭と体臭の違い

加齢臭は体臭とは違い、汗や身体の中からのニオイではなく皮脂が酸化することで発生します。

年齢を重ねることでニオイが強くなる加齢臭は、皮脂腺が多い部分からのニオイが出やすくなっています。

特に頭・額から鼻のTゾーン・ワキ・デリケートゾーン・耳の後ろ・首の後ろ・胸元・背中になります。

加齢臭には様々な原因があるので、完全になくすることは難しいです。

ですが、加齢臭を押さえてステキな香りを漂わせる女性になるために、加齢臭改善の方法をご紹介していきます。

体の清潔を保つようにする

ニオイの元を抑えるには、まずは身体を清潔に保つことが必要ですね。

加齢臭のニオイは、皮脂腺から出てきますので体の皮脂腺が多い場所(頭・首元・耳の後ろなど)を中心的に洗い流しましょう。

頭はシャンプー・身体はボディーソープなどを使って、肌にあるニオイの元を洗い流しましょう。

殺菌作用があるボディーソープや石けんなどは、時間が経っても菌の繁殖を押さえてくれる働きをしてくれます。

洗う時に注意したいのが洗髪。

髪の毛を洗うよりも、指の腹を使って頭皮の汚れを落としシャンプーやコンディショナーなどをしっかりとすすぐように心がけましょう。

体を洗う時は、柿渋エキス配合の石鹸をオススメします。

加齢臭の原因物質であるノネナールを消臭、酸化した皮脂をしっかりと落としてくれます。

ただ、強い成分になるので自分の肌に合ったものを使うようにしましょうね。

忙しいから湯船には浸からない・・・というのはNO!

体の芯まで暖まり汗をかくことで、汗腺機能を正常に働かせることが加齢臭の予防になります。

また入浴後は、ボディクリームなどで保湿をしっかりとすることも大切。

ニオイや汚れを落としても、十分に保湿ケアをしていなくては肌のバリア機能が作用してよけいに皮脂が過剰分泌してしまいます。

食物繊維を摂りお肉類を控える

食生活の欧米化が進み、脂質が多く野菜が少ない食事となってきています。

主な加齢臭の原因物質は「動物性たんぱく質」です。

腸で動物性たんぱく質が分解され悪玉菌になると腐敗して悪臭が発生、それが加齢臭の原因となってしまうことがあります。

野菜の多くに含まれるビタミンE・ビタミンCなどには抗酸化作用があるので、このような栄養素を含む食品を積極的に摂りましょう。

皮脂分泌を抑えるためにも、脂質を多く摂ることは控えておきましょう。

その他にも、ストレスを溜めないようにし、汗をかいたらこまめに汗拭くようにしましょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓