柿渋エキス配合おすすめサプリ
pixta_21548510_M

女性でも加齢臭はある

30代後半~40代くらいに発生する女性の加齢臭

「もしかして私臭ってる・・・?」
「認めたくないけど、これって加齢臭なの!?」
「女性でも加齢臭ってあるの!?」

ニオイのことってなかなか人に聞きずらいし、言い出しにくいですよね。

自分では自分のニオイに気づきにくいもの。

独特なニオイのする加齢臭は、男性特有のものと思われがちですが、女性にも発生するものなのです。

女性・男性それぞれのホルモンの性質上、加齢臭のニオイの強さは男性よりも弱くなっています。

しかし、女性ホルモンが減少しはじめる30代後半から40代くらいから、今まで嗅いだことのないようなニオイを感じたら加齢臭かもしれない・・・と疑ってみましょう。

閉経後に女性ホルモンが減少すること加齢臭を発しやすくなる

実は男性よりも深刻化しやすい女性の加齢臭。

女性は女性ホルモン特有の体質から、加齢臭を発生しやすいことがわかってきているそうです。

口臭や体臭を気にする女性は多いですが、加齢臭は男性だけと思っている人は少なくありません。

加齢臭の原因は、ノネナールという物質が皮脂腺で分泌するため。

女性は女性ホルモンによって、ニオイを抑えることができているのです。

年齢を重ねることによって加齢臭が発生する仕組みは男女共に今日通しているのですが、女性ホルモンは酸化を抑える働きがあるため男性よりもニオイの発生が弱くなっています。

男性は、60代頃から皮脂の分泌が減少し加齢臭がなくなってきます。

女性は、閉経後に女性ホルモンが減少することによってより一層ニオイが他人にもわかるくらい強くなると言われています。

このことから、女性の加齢臭はホルモンが減少する40代頃から徐々に出始めてきます。

生活習慣や食生活の乱れも加齢臭の原因

では、女性は女性ホルモンがなくなったり閉経しないと加齢臭にはならないかと言えば必ずしもそうとは限りません。

生理不順などがあるように、女性ホルモンのバランスは閉経する前でも変化します。

ストレスが多い日常生活だったり、脂質の多い食生活などによって身体の酸化が進み加齢臭が発生する条件がそろうほど、ニオイが強くなります。

生活習慣によって、ニオイが強く出る人、それほどしない人の差が現れると言えるでしょう。

加齢臭を抑える働きを持っている女性ホルモンなので、食生活で摂取し女性ホルモンを増やすことで加齢臭をなくすことはできるのでしょうか?

女性ホルモンは30代後半から徐々に減少を始め、50代には閉経を迎えることでほとんど分泌されなくなります。

そのため、食べ物から摂取する程度の女性ホルモン量では加齢臭を抑制することは期待できません。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓